RIGHT STUFF, Inc.

Solid State DME Relay


ここにはSSDMEリレーの画像があります。

BOSCH社のジェトロニック、モトロニックシステムに使用されている「DMEリレー」を半導体化しました。

DMEリレーはECUと燃料ポンプの電源をコントロールする重要な部品でありながら、オリジナルの機械式リレーは「駄目リレー」等と揶揄されるくらいトラブルが多いリレーです。

ポルシェ930で開発を行っています。また他車種の検証作業も空冷ポルシェ修理店経由なので現状ではポルシェのみです。ピン数が同じなら他車種でも使えるかもしれません。詳細はお問い合わせ下さい。


ここにはSSDMEリレーの画像があります。

現時点ではピン部分を製作が出来ないので、お手元のDMEリレーを送って戴いて内部の交換作業という形に成ります。送って戴くDMEリレーの内部が破損していても構いませんが、ピン部分は正常である事が必要です。

丸ピンタイプは純正品でも社外品でもピン部分が同じです。どちらのタイプも部品取りに使えます。板状の端子タイプは社外品と純正品で内部構成が違います。その為に社外品は部品取りとして使えません。板状のタイプに関しては三角に「P」マークが入った純正品のみを対象とさせていただきます。


上記のように記載しておりましたが、2019年2月より金属ステーが1個のタイプも対応可能としました。 ここにはSSDMEリレーの画像があります ただし現時点で専用基板を作るほど数が出ていませんので、上記写真の通りに樹脂ステー2個のタイプ基板を流用し、一部改造で対応させて頂きます。

ここにはSSDMEリレーの画像があります ステーが1個である事を補う意味と、ジャンパ線をカバーする意味を兼ねて接合部は構造用接着剤で固定します。


930までの丸ピンタイプ、964以降の板状の端子タイプ、両方対応可能です。

価格は1個(の改造費用)が12,000円(税・送料別)です。

納期は改造元のリレーが弊社に到着してから1週間程度です。

弊社に在庫が有る時限定ですが、改造では無くて完成品のDMEリレーを販売可能です。その際の価格は 15,000円(税・送料別)と成ります。

完成品の有無に関しては、御手数ですがその都度お問い合わせ下さい。

詳細は以下の取扱説明書を参照下さい。
SS_DME_02.pdf


このページのお問い合わせはこちらまでtsunetaka@soaring.co.jp